読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よもぎた村のわんこの日記

コウ(幸)ちゃんです。柴犬の女の子。飼い主はトマト農家を目指して青森に来たんだって。

2016年の大晦日。

主(♀)です。今年もあと1時間と余りとなりました。

私たちにとって、今年は大きな変化の年でした。お世話になった皆さん、支えて下さった皆さん、ありがとうございました。

 

というわけで、新しい年を迎えるための、今年最後の晩餐。

f:id:y-morit:20161231211025j:plain

旦那サマの実家からの支援物資を頂いて、ちょっとはお正月らしくなりました。黒豆と田作りはお母さんの手作り。写真にはありませんが、手作りの筑前煮や豚の角煮も頂きました。そしてどどーんと奮発してお刺身を購入!

 

年越しそばは、昨日、旦那サマが打ったもの。

f:id:y-morit:20161231212542j:plain

奥に写っているめんつゆは「源たれ」が有名な上北農産加工のもの。珍しい。

 

f:id:y-morit:20161231213342j:plain

これも旦那サマお手製の茹で鶏。

・・・ですが、大晦日を前に昨日全部食べちゃった(汗

 

さて、わが家には、前の家主さんが大切に祀っていたと思われる神棚があります。

(お祀りの仕方の諸々の間違いは大目に見て下さい)

f:id:y-morit:20161231214055j:plain

 

ここに、私たちが東京にいた頃から祀っていた小さなお宮も置かせてもらっているのですが、その中のお札の1つに「津軽稲荷神社」のお札があります。

f:id:y-morit:20161231215906j:plain

この稲荷神社は、青森県内の神社ではなく、墨田区錦糸町にある小さな神社です。というのも、錦糸町周辺がかつて津軽藩中屋敷だったことに由来するそうです(詳しくはこちらhttp://visit-sumida.jp/spot/6158/)。

私たちは東京で、「単に近所にあるから」という理由でこの神社の前を通りかかるとお参りしていました。でも、現に今こうして青森にいること、また、青森に移住することを決めて以来、今の家や研修先などがとんとん拍子に決まったことなどを振り返ると、何か不思議な縁に導かれたような気がします。そして、「ここにいて頑張っていれば大丈夫だ」と思えます。

 

今年は、新たな一歩を踏み出した挑戦の年。来年はこの歩を着実に進めていく年。心新たに、新年を迎えたいと思います。

 

コウちゃんはいつもと変わらず。紅白には目もくれず。

f:id:y-morit:20161231224117j:plain

皆さん良いお年を。

おやすみなさーい。